注文住宅を建てて後悔していること【住んでみて分かったシリーズ】

注文住宅を建てて 後悔したことをまとめました

mint

初めての家づくりって分からないことだらけ…。

私も数年前に家を建てましたが、住んでから後悔した点がいくつかあったので、今回まとめてみました

壁紙の色

第一位が壁紙のチョイスが悪かったことです…。

リビングは真っ白のシンプルなデザインを選択したので良かったのですが、寝室は思い切ってアクセントクロスにしたんです。

でもアクセントに選んだ色が想像よりも灰色っぽく、部屋の雰囲気に合ってない感じがしてとても後悔しました。

クロス決めの際は、モデルルームを参考にしたり、クロスの展示場へ足を運ぶことをオススメします

ちなみにクロスの貼りなおしはできないことはないのですが、追加料金がかかるので我が家は諦めましたよ。

窓の位置

我が家の場合は最初は細長の窓を2つつけたかったのですが、建築士の方から「窓の採光が足りないので窓のサイズを大きくしてほしい」と言われたため急遽変更。

そしたら次は屋根のデザイン上、寝室の天井が高くできるということだったので更に窓が増えたのです。

間取り決めの時に念入りに確認したはずなんですが、実際の窓を見ると「あれ?なんかバランス悪くない?!」という現象が起きました…。

打ち合わせ期間中はとにかく多くのことを決めないといけないため、見落としや確認ミスが起きやすいので気を付けてくださいね。

エアコンの設置位置

天井が高い寝室のエアコンをあえて高めに設置したものの、長い三脚がないと掃除できないので見た目より利便性を優先すべきだったと後悔しています。

あとは窓のすぐ近くにあるので、夏の日差しが強い時は直射日光で壊れないか心配になります。

(今のところ壊れていませんが…)

階段のデザイン

スケルトン階段の下にテーブルがあるので、階段を登ったり降りたりしているとすき間からホコリが落ちます。

今は使用頻度が少ないのでいいですが、いずれ子どもたちが大きくなったら勉強するスペースにしたいと思っているので、テーブルにホコリが溜まりやすいのはマイナスポイント…。

打ち合わせの時になんとなーく想像はしていたものの、実際に生活してみると「こんなにすぐ汚れるのか!!」と驚きです。

玄関扉のデザイン

注文住宅で後悔したこと

南向きの日当たりのいい土地に家を建てることができたので、玄関のドアはすりガラスは少なめでも明るさは大丈夫だろうと安易に考えていましたが、実際はガラス部分が少ないと昼間でも玄関は暗いです。

mint

もし玄関が広いなら窓を設置して採光をとる方法もありますよ

珍しく夫と意見があった玄関扉のデザインでしたが(笑)もっとすりガラス部分が多めのデザインを選べばよかったとちょっとだけ後悔しました。

ただ見た目だけでなく、防犯のことも考えると思うので決めるのは難しいですが…。

照明

注文住宅を建てて後悔したこと

おしゃれな家といえば間接照明ですよね。

我が家も憧れていたのでリビングの色んなところに付けましたが、カタログで見たときより実物がそんなに可愛くなかったり…つける間隔が狭かったなぁと後悔しました。

ついついたくさんつけたくなるのですが、実際住んでから使う照明って限られますし、せっかくの間接照明も多すぎたら台無しになります。

夜ぼんやりと光る感じをイメージして、本当に必要だと思う場所に少しだけ取り入れるのがポイントですよ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です