歯科衛生士が転職先を探すオススメの方法を教えます

歯科衛生士が転職先を探す時にオススメの方法を教えます

mint

私は歯科衛生士ですが、出産を機に1つ目の歯科医院を退職。

子育てが落ち着いてから違う歯科医院に再就職した経験があります。

私が2つ目の歯科医院に就職する際は、やはり1件目より良い環境で働きたかったので慎重に決めました。

その時に私が実践した方法をまとめたのでぜひ参考にしてくださいね!


求人サイトで検索

1番便利だったのは求人サイトに登録して自分の希望条件に合った歯科医院を絞り込んだことです。

歯科医院はコンビニの数より多いと言われているぐらいなので、確かにあちらこちらで見かけますよね。

そんなにたくさんあるのに、1件ずつ自分で歯科衛生士を募集していないか確認するのは至難の業です。

求人サイトを使えば、絞り込み検索ができるので条件を入力すればあっという間に理想の歯科医院を見つけることができます。

絞り込み検索で入力できること

・勤務したい都道府県

・自宅から〇〇km以内の範囲

・自宅の最寄り駅

・希望の雇用形態(正規雇用、パートタイマーなど)

・給与(月収〇万以上/時給〇円以上)

・診療科目(小児歯科、矯正歯科など)

・仕事内容(入れ歯、補綴、訪問歯科、ホワイトニング、予防処置など)

・待遇や福利厚生(社保完備、副業OK、住宅手当、交通費支給など)

・勤務時間、休日(残業ほぼなし、時短勤務相談可など)

・応募要件(年齢不問、ブランク可、ネイルOKなど)

こんなに細かく絞り込まれるので探しやすくなりますよ。


ジョブメドレーという求人サイトは歯科衛生士に特化していることもあり、歯科医院の掲載数が多いです。

歯科衛生士免許を持つ立場にしてみれば、就職先は歯科医院に限られてくるので、一般企業が表示されないのはいいですね。

また無料会員登録するとキャリアサポートスタッフに無料転職相談などもできるので、転職するか迷い中の方にも使えます。

しかもジョブメドレーを通じてお仕事を探し、応募・入職した場合は祝い金がもらえちゃいます!


歯科医院のHPで求人募集を確認

歯科衛生士が転職先を探す時にオススメの方法を教えます

・〇〇歯科医院が気になっている

・〇〇デンタルクリニックで働きたい

という具体的な医院の名前があるなら、HPを確認してみましょう

最近の歯科医院のHPでは「求人募集」のリンクが小さく貼られている場合があるので、自分の気になる歯科医院でも募集しているかもしれませんよ。

フリーペーパーの求人欄を見る

歯科衛生士が転職先を探す時にオススメの方法を教えます

地元のフリーペーパーが自宅のポストに投函されていたり、コンビニに置かれていますよね。

その冊子の最後のほうのページに「求人欄」が載っていることがあるので、歯科医院の求人がないかチェックしてみるといいですよ。

ドライブ中に歯科衛生士募集の張り紙を見つける

歯科衛生士が転職先を探す時にオススメの方法を教えます

なにげなく車を運転していると、たまたま通りがかった歯科医院の窓ガラスに「歯科衛生士募集中」と大きな張り紙が貼ってあるのを見かけたことがあります。

mint

探すのに夢中で事故にならないように!!

自宅から近くて通いやすそうなら一度電話して見学してみるといいかもしれません♪

歯科衛生士仲間からの紹介

歯科衛生士が転職先を探す時にオススメの方法を教えます

歯科衛生士の友人などに連絡をとって、同じところで働かさせてもらえないか聞いてみたり、過去に働いたことがある人から歯科医院の評判を聞いてみたりするといいですよ。

私はある友人(Aちゃん)が昔働いていた歯科医院で働きたいなぁと思っていたので、Aちゃんに「ドクターとか歯科衛生士ってどんな感じ?」と聞いてみたところ、「ドクターは変わり者で皆嫌ってた。でも歯科衛生士同士は仲良しだったよ~」という情報を得ることができました。笑


患者さんの口コミを確認

歯科衛生士だけの情報ではなく患者さんの口コミも確認すると、より医院の雰囲気が分かります。

患者さんとのトラブルは起きていないか?

評判は良いのか?

待ち時間は長くないか?

ドクターの腕はいいのか?

患者さんは色んなことを暴露しているので一度見てみましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です