歯科衛生士の年収(時短社員)を大公開!

歯科衛生士の年収

私は長女が1歳半~2歳半の約1年間、時間短縮正社員(以下、時短社員)として歯科医院で勤務したことがあります。

でも勤務する前は歯科衛生士が時短勤務できるとは知らず、ずっと働くかどうか悩んでいたんです。

しかし、ある歯科医院に見学に行った際に「時間短縮正社員の制度があるからそれを利用してもいいよ?」と提案してもらったことがきっかけで、その医院で勤務することになりました。

そこで気になったのは給与面…

自宅に帰ってからすぐにネットで「時短 給料」「時短 年収」などと検索してみましたがあまり情報がなく、しかも歯科衛生士に特化したものはゼロだったので相場がよく分かりませんでした。

でも子育てしながらがっつりフルタイムで働く自信はないし、だからといってずっと家で専業主婦をするのももったいない気がして、最終的には働くことを決めました。

私の場合は夫の給与で生活費は賄える状態だったのでそこまで神経質に給与面で悩まなかったのですが、人によっては重要視したいポイントですよね。

そこで今回は私の1年間の時短勤務時代の給与を大公開したいと思います!

歯科衛生士で時短社員として働くことを考えている方の参考資料になれば幸いです。

時間短縮正社員とは?

なんとなく聞いたことがある「時短勤務」ですが、詳しくは分からないという方も多いのではないでしょうか?

簡単にですが、この制度について説明しますね。


この制度は、改正育児・介護休業法の第23条第1条に規定されています。

主な使用目的は育児や介護と仕事の両立ですが、近年は大学に通う・心身の不調などの理由でも利用できるようになってきているようです。

実際に私の勤務先にも、過去に胃がんになった方がいたのですが、長時間の勤務は身体的に厳しいということで短時間正社員の制度を利用して勤務していました。

育児を目的で利用する場合は、子どもが3歳の誕生日を迎える前日まで利用することが可能です。

フルタイム正社員と何が違うのか?

大きく違う点は勤務時間です。

フルタイムだと8時間労働ですが、短時間勤務だと6時間になります。

規定では「原則6時間」なので、厳密にいうと「5時間45分~6時間」です。

私の年収はこちら!

歯科衛生士の年収

1年間の給与明細です!結構なボリューム…

では月ごとに振り返っていきたいと思います。

4月

基本給:7,1250

時給:24,045

合計:95,295

控除額:26,322

手取り:68,973


4月は初勤務の月だったので研修期間は時給扱いでした。

また、給与の締め日の関係で基本給が通常の半分の金額になっています。

本来、他に手当もあるのですが手当の支給は1ヶ月経ってからということで4月は無しです。

控除内容は健康保険と厚生年金と雇用保険が含まれています。

5月

基本給:142,500

手当:13,575

合計:156,075

控除額:28,554

手取り:127,521


基本給も通常になり、手当もしっかり入るようになりました。

手当は歯科衛生士国家資格・昼食・皆勤・通勤費などが含まれています。

控除は所得税も引かれるようになりました。

6月

基本給:142,500

手当:27,150

合計:169,650

控除額:29,095

手取り:140,555

6月ボーナス!

賞与:20,000

控除:1,878

手取り:18,122


気になる初賞与は…なんと2万円。

まだまともに仕事も覚えていないなか、この金額はうれしかったです。

冬のボーナスに対するわくわく感も高まり、仕事のやる気もここで倍増!笑

7月

基本給:142,500

手当:22,150

合計:164,650

控除額:28,830

手取り:135,820


7月は子どもが熱を出したため欠勤しました。

そのため皆勤手当てが支給されず、手取りもその分減ってしまいました。

自分だけだったら皆勤を目指せるのに、子どもがいるとどうしても休まないといけないんだな…と改めて感じた月でした。

欠勤する際の職場への連絡、明日以降の勤務の確認などを実践的に学べたことはよかったです。

8月

基本給:142,500

手当:22,150

合計:164,650

控除額:28,830

手取り:135,820


3月も欠勤がありましたが、欠勤しても基本給が変わらないところはパートと違い、時短正社員の良いポイントですね!

9月

基本給:142,500

手当:32,150

合計:174,650

控除額:29.260

手取り:145,390


小学校の歯科検診を休日出勤して行ったため、その分が支給され手取りが少しだけ多めです。

10月

基本給:143,000

手当:27,150

合計:170,150

控除額:30,080

手取り:140,070


10月は基本給が500円アップしました。

事前に昇給の時期は知らされていなかったので先輩に「今月って昇給する時期なんですか?」と確認したところ「私は何も変わってなかったよ?」と…。

一体なんだったのか今でも不明なのですが、それでもアップはありがたい~!

11月

基本給:143,000

手当:27,150

合計:170,150

控除額:30,080

手取り:140,070

12月

基本給:143,000

手当:27,150

合計:170,150

控除額:30,080

手取り:140,070

12月ボーナス!

賞与:243,100

控除:31,953

手取り:211,147


待ちに待ったボーナス!

こんなにもらえると思っていなかったのですごく嬉しかったですね。

子育てしながら働くのは身体的にも精神的にも辛いときがあったので、今まで辞めずに頑張ってよかった…と心から思いました。

1月

基本給:143,000

残業手当:1,878

手当:27,150

合計:172,028

控除額:30,166

手取り:141,862


今までは17時が定時でも、受け持ち患者さんのメインテナンスが終わっていないと15分~30分ほど超えることがあり、サービス残業していました。

でも1月からはしっかり残業代が出るようになりました。

2月

基本給:143,000

残業手当:2,399

手当:27,150

合計:171,070

控除額:30,103

手取り:140,967

3月

基本給:143,000

不就労控除:130,400

残業手当:334

手当:21,430

合計:34,364

控除額:12,503

手取り:21,861


2人目を妊娠中で体調の不調が続いたこともあり、3月はほとんど出勤できませんでした。

そのためかなり給与は少なくなってしまいました。

年収(手取り)

4月~3月の総支給額(手取り)

¥1,708,248

3月もフルで出勤していたら、180万ぐらいだったということですね。

フルタイムの歯科衛生士の平均年収が335万なのでそれに比べると少ないのですが、パートで夫の扶養内(103万)で働くよりは多くもらえることが分かるかと思います。

他の職種の時短社員の月収はどのくらい?

歯科衛生士ではない、他の職種の時短社員の方の月収も気になりませんか?

少し意見を集めてみました。

6時間勤務で17万ほど。手取りは12万くらい。

ちなみに私の会社は、勤続6年で月収16万。
9時から3時勤務の場合です。

給与は年齢と大体同じで40歳なら40万てところです。

ただし1日2時間程度の残業代込みの金額です。時給にして1900円ってところかな。
時短(残業なし)だと、40歳で30万少々ぐらいです。

私も2時間時短のときは、手取りが17万位になったかな・・・。

確か同じく70%になるけどボーナスもあったし。

手取り20万前後です。
入社してからは10年くらいです。

社会人になって10年目、転職して6年目の頃に、7.5時間勤務のところ、復職に伴って6時間勤務の時短勤務になりました。
額面で24万円くらい。諸々引かれて手取りは20万いかないくらいでしょうか。

https://komachi.yomiuri.co.jp/t/2016/0314/754939.htm

職種・勤務年数によりバラツキはあるのですが大体12~20万円もらえるところが多いみたいです。

そう考えると私は勤務年数0で新人にもかかわらず、手取り14万はもらえていたのでまぁまぁ良かったのかな?と思います。

時間短縮正社員の魅力

ボーナスがもらえる

私がパートではなく時短社員を選んで良かった1番の理由はボーナスがもらえることでした。

給与とは違った嬉しさがありますよね。

自分へのご褒美として美味しい食べ物、服などを買うことで気分転換になりました。

将来的に子どもにも教育費がかかってくるので、それに備えて貯金にも回すこともでき安心材料が増えますよ。

欠勤しても基本給は保障される

子どもがいると熱を出したり、感染症をもらってくることもしばしば…。

どうしても欠勤しなければいけない場面が出てきます。

パートの場合休んだらその日の分の給与はゼロ。

しかし時短社員なら欠勤しても皆勤手当てがもらえないだけで基本給は減額されません。

子育てと仕事の両立がしやすい

私は時短社員になり9:00~17:00の6時間勤務でした。

(13:00~15:00がお昼休憩)

17時に終わり家に着くのは17時半すぎ。

そこから夕飯の準備をして、19時に夫が帰ってくるころに丁度準備ができているという感じだったのでバタバタしすぎることもなく余裕ができて良かったです。

どうしても疲れていて料理ができない時は仕事帰りにスーパーに寄ってもまだお店は空いているので、お惣菜を買うこともできました。

フルタイムだと本来19時までの勤務ですが急患が来た場合は、20時まで残業とかが当たり前にあったのでとても大変だったと思います。

フルタイムに移行しやすい

歯科衛生士は手先を使う仕事なので一度臨床を離れると、復帰する時に不安になってしまうと思います。

でも子育て期間も時短として勤務しておけば手先の感覚を失うことなく、歯科衛生士として自信をもって働けます。

子育ても落ち着いてきたし、そろそろフルタイムで働こうかな?と思えるようになった時にはスムーズにフルタイムに移行もできます。

院長も自分の医院にずっといた経験者がフルタイムとして続けて働いてくれるのは嬉しいはずなので、その際の給与の話し合いでは優遇してくれるかも…?


私は1年間だけでしたが時短社員になって、仕事と子育てを両立することができたので利用して良かったです。

小さな子どもを連れたお母さんが患者さんだった場合、子育ての大変さが身に染みてよく分かるのでママ目線で保健指導ができたり、歯磨きを泣いて嫌がる子どもへの対応の仕方も実用的な内容で伝えることができたりして、ママさん歯科衛生士ならではの活躍ができました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です