4歳の女の子は口が達者!長女に翻弄される我が家のはなし

4歳の女の子は口が達者!長女に翻弄される我が家のはなし

女の子は男の子より成長が早いってよく言われていますが身に染みて感じている我が家…。

長女は4歳になってから大人がドキッとするような言葉遣いをしたり、赤ちゃんだと思っていたけど乙女心が芽生えていたりと驚く成長ぶりです。

そこで今回の記事では、一気に“おませ”になった4歳の長女について語っていこうと思います

見た目を気にするようになる

髪型へのこだわり

夏になる前に「胸辺りまで伸びた髪の毛を肩まで切らない?」と提案したとき、「髪の毛が短いのは男の子みたいだから嫌!」「スカートが似合わないじゃん」と言われてしまいました。

3歳までは髪の毛を切られるという行為に対して嫌がることはありましたが、髪型が変わることに対しては何も意見されたことがなかったので考え方が女子になってきたなぁと思いましたね。

しっかりと自分の口で「長いのがいい!」と主張できるようになったことに成長を感じました…。

ファッションへのこだわり

子どもと遊ぶとなるといつも外遊びが多いので、動きやすさや怪我防止のためにズボンばかり履かせていました。

しかし最近、自分で服を選ぶようになった長女は可愛らしいスカートの洋服ばかり着ています。

「公園行くならズボンの方がいいと思うよ。転んだ時に怪我しにくいよ」と伝えるのですが、「スカートのほうが可愛いもん」といって私の意見は聞きません。笑

「好き」と「嫌い」の言葉を巧みに使い分ける

私がしつけのために怒った時は「ママのこときらい!パパがすき~」

反対にパパに怒られたときは「パパきらい!ママはすき~」

他にはお菓子を買ってもらえたり、自分の望みが叶った時に「ママありがとう!大好きだよ~」と言ったりします。

好きといえば喜んでもらえると思っているのか状況に応じて、好きと嫌いを使い分ける娘が少し怖いです…。笑

脅し文句を言う

娘が「話を聞いて~」と訴えてくる時に、どうしても手が離せない作業をしていると「もうちょっと待っててね~」とか「あとで聞くね」なんて言ったりするんですが、そうすると娘は「聞いてくれないと悪い子になっちゃうからね」と脅してくるんです…!

「ええ~悪い子になるの!?ママ嫌だなぁ」と言い、チラッと娘の顔を見るとニヤけた表情をしているので完全に親をもてあそんでいるな…と分かります。

言い訳をするようになる

食事中におかずを上手くつかめないと「ママがこんな大きいの出すから悪いんだよ!」と私のせいにしたり、家具で頭をぶつけたときは「こんなところにあるからいけないんだよ!」とモノに怒ったり…。

他にも次女と喧嘩したときに2人に注意していると「パパとママが喧嘩するから私も喧嘩しちゃうの」と言って反省の様子がゼロ…。

人にせいにすることで、自分の失敗や嫌なことを発散するようになってしまいました。

そんな長女を見ていると、私も人のこと言えないかも…とドキッとさせられることもあるので反面教師として自分も気を付けようと思いました。

注意しても言い返してくる

苦手な野菜をなかなか食べてもらえない時に「野菜を食べないと大きくなれないよ」とよく言うのですが、今までは「大きくなりたいー!」と言って頑張って食べてくれていました。

しかし最近では「小さいままでもいいも~ん。」と私の言葉が響かなくなっています。

内緒話をするようになった

パパに食事マナーが悪いとよく注意されている長女なのですが、つい先日パパがいつも注意している悪いことをしてしまいました。

でもたまたまパパはその現場を目撃しておらず、私だけが見ていました。

すると私の耳元で「パパには内緒ね」と言ったのです!

怒られるのが嫌で内緒話をしてくるようになったのか…と、私は思わず笑いそうになっちゃいました。

口が達者な長女への対応

4歳になり一気にこだわりが増えたり、ずる賢くする方法を身につけてしまった娘ですが、ここで親が全て子どもの言いなりになってしまってはいけませんよね。

また反対に娘のこだわりを「ダメ!親の言う通りにしなさい!」と厳しく制限しすぎても良くないので、何事もバランスが大切

私は子どもの言動に理解できないときは「なんでそれがいいと思ったの?」とか「なんでそう思ったの?」と色々気持ちを聞くようにしています

そうすると親が考えもしなかった思いを話してくれることがあるので、「なるほどなぁ」「子どもなりに考えているんだな」と納得できるのです。

親へ反抗するのは成長の過程だと捉え、大らかな気持ちで子育てすることを意識したおかげで、ストレスが減ってきました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です